速く走るためには。

更新日:2018年11月29日

速く走るために必要なトレーニングとして陸上やブラジル体操などで、「太もも上げトレーニング」が必要という指導があります。


しかし、前に進むには重心を前に移動することできますが、股関節の構造上太もも上げをすると太ももを挙げてしまうと姿勢が後傾してしまい、のけ反った姿勢になり重心が身体の軸から離れてしまい必要以上に体力を使ってしまいます。


重心を移動させるには骨盤を肋骨に引き寄せるように体幹を使うことが必要になります。

簡単な重心移動のトレーニング方法がありますので、是非一度お試しください。


お尻歩き


足を伸ばした状態(長座)で片方ずつお尻を挙げて前進する。

※この時に上半身が左右に揺れないようにすると体幹が使えるようになります。


上記の方法で太もも裏が固くて膝や腰が曲がってしまう人はイスに座っての方法もあります。

イスに座った状態で膝を片方ずつ前につき出すように動かします。

※この時も上半身が左右に揺れないようにすると体幹が使えるようになります。


太ももを高くあげる事が大切なのではなく、腹筋を使って骨盤を動かすことが大切になります。明日からの練習にお役立ていただければ幸いです。



閲覧数:57回

最新記事

すべて表示

ボディワーク(日常動作や運動エクササイズ、筋トレ、スポーツ、ヨガ、ピラティスなどのエクササイズetc、、、)をする時には、常にカラダは連動して動かしています。これを運動連鎖(キネマティックチェーン)といいます。 ・運動連鎖とは? よく言われるのが、つながっているチェーンの一つの輪を動かすと、隣の輪も動くように、動きが伝わるという事。 スポーツでよく言われる、ムチの様に身体を使うなんて表現もこれと