壁を押す動作で、体のクセが分かる。

壁を押す動作で、体のクセが分かる。

体の特長やクセは十人十色。

単純な動作でも、選手が違えば、全く別の動作をしています。


体のクセや動作の特徴を知ることで、同じ限られた時間でも、同じ汗を流しても、トレーニング効果は大きく変わります。


例えば、「壁を押す」という動作であれば、

・壁に体を正面に向けたまま押すのか、横に向けて押すのか

・腕を伸ばしているのか、腕を体の横につけたままなのか。

・腰を落として低い姿勢で押すのか、体を真っすぐにしたまま 

・顔を下に向けているのか、前や横に向けているのか 

など、壁を押すという単純な動作ですが、人によって、どこに力を入れているのか、動作の捉え方が違い、その人の体のクセが見えてきます。




良いクセ、悪いクセなど、体のクセを考慮せずにトレーニングや練習で体の強化をしても、実際に使えずに、効果も半減してしまいます。

スポーツでよく行われる「体幹トレーニング」でのプランクでも、腕立て伏せのようなフォームですが、人によって力を入れていることが多くあり、壁押しと同じことが言えます。


自身の体のクセを見つめなおすことで、効率のいいトレーニングが実現ができます。


また、自身の特徴を知ることで、対戦相手がいる競技では、相手の特徴や動きも見えるようになり、ゲームメイクにもお役立ていただけると思います。

166回の閲覧

​BIPED(バイペット)

Sports & Health Labo

  • Facebook
  • Instagram

〒573-1105

大阪府枚方市南楠葉1-14-8大和くずはビル2階

 10:00~21:00  ~完全予約制~

 072-894-8577

bipedlabo@gmail.com