体の使い方とは。

からだの本来のポテンシャルを引き出す

全ての選手のためのフィジカルトレーニング理論

もっと強くなりた

あの選手みたいになりたい

あんなプレーを自分もしてみたい

どんなトレーニングがいいのか

筋トレをしてもなかなかパフォーマンスがあがらない

同じ練習をしているのに差が開くのはなぜか

トレーニングや練習をしてもなかなかうまくいかない

ケガをしない選手とケガを良くする選手の違いは何なのか

結果が出ている選手と、結果がなかなかでない選手の違いがどこにあるのか

どんなトレーニングや練習が有効なのか、どんな道具がいいのか、その道具はどんな使い方がいいのか

自身もスポーツを経験する中でいろいろな疑問を抱いていました


結果を出している方法論を見つけることに夢中なってケガに悩まされることも多々ありました。

もっとこうしたい。なぜできないのか。

この欲望を見つけるために徹底的に勉強しようとトレーナーや医療現場で働く道を選びました。

そこで経験したのが優秀な選手ほど、自身の身体の使い方が合理的で過度な負担にならないように

動作を行っていることに気づき徹底的に調べると一つの答えが導き出されました。


あらゆるスポーツの動きの共通点があるという事。


それは、根本的なからだの使い方に気づき一つの理論にたどり着き

スポーツだけでなく、日常動作からなる基本的な動作が一連の法則によって動きているということ。

地球上にいる限り重力はもちろん、物理的な摩擦や抵抗など身体にのしかかっています。

当たり前のようにかかっている外力も日常では感じれないけど、ケガや動けなくなった時に日常の動作が簡単にできていたことに痛感することがあります。

しかし、日常動作やスポーツ時にも身体にかかっている外力の抵抗を感じられる体にリセットすることで自身の筋力やパワーだけでなく外力を味方にし

体が動きたい方向に動けば、外力に身を任せられることができ自身の持っているパワーがより発揮できます。


動作の技術とは、球が速い、足が速い、動きの滑らかさや柔軟性がいいなど、

自身の身体をコントロールできるかという事になります。これはどれだけ自身の身体の取扱説明書を知っているか。

正しい動きを習得すること、つまり自身に合った動きを作ることが重要になります。

自分の身体の正しい使い方とは身体は動かせられる範囲や動く方向は決まっており、

スポーツに必要な体の取扱説明書があり、これらの原理を動きのトレーニングで整理することで、多少の環境の変化でも柔軟に対応できるプレーヤーになります。


このたどり着いたBIPEDの理論で、最高のプレーを発揮できるのはもちろん、

動作を作り上げたプロセスを通じて、自身の身体の特徴や原理を身体で覚えるだけでなく、

整理しながら納得したうえで構築するため、成長期での体の変化や環境の変化などにも柔軟に対応でき、選手にとって避けたいケガやパフォーマンスの低下も未然に防ぐことが可能になります。


これらの理論をもとに、これまで携わってきた学生アスリートやトッププロに活かすことで、数多くの優秀な成績に貢献をしてきました。


誰にでも持っているポテンシャルを引き出すのがこの理論。


常に体の進化が問われるのがスポーツでは必要とされます。

不可能だったことを現実にするまで、筋力をつけるトレーニングや今までの練習やトレーニングに多くの時間を割く時代ではなく、

いかに早く自身の身体を知って、その持っているポテンシャルを引き出す手立てを自分のものにするかということがパフォーマンスアップの根本にあります。


それを実現するための理論を、BIPEDのトレーニング理論に集約。


体を論理的に導くことで、今まで感じれなかったパフォーマンスを実現します。


58回の閲覧

​BIPED(バイペット)

スポーツ&フィジカルラボ

【スポーツ・整体・トレーニング】

【OPEN】 10:00~21:00  ~完全予約制~

【  TEL  】 072-894-8577

【 MAIL 】bipedlabo@gmail.com

​​【ADDRESS】〒573-1105 

大阪府枚方市南楠葉1-14-8大和くずはビル2階

  • Facebook
  • Instagram